令和四年八月二日午後八時頃から細男舞・神相撲を執り行います。

 

臨時駐車場は神社の東側、漁村センター付近です。

細男舞・神相撲の指定席や桟敷席などはありません。ご覧になる方は屋外からということになります。

細男舞・神相撲の終了時刻は、午後九時半くらいになると思います。

 

※非常に少人数で運営している神社です。事前の問い合わせに対応できないこともあります。また、当日は祭典行事を執り行うことで精一杯になると思います。

行き届かない点が多々あると思いますが、ご了承ください。

       八幡古表神社(はちまんこひょうじんじゃ)

 八幡古表神社(はちまんこひょうじんじゃ)は福岡県築上郡吉富町小犬丸に鎮座しています。すぐそばには山国川が流れており、川を渡れば大分県中津市です。

 縁起は欽明天皇の御宇六年(西暦545年)に遡り、神功皇后の託宣により息長大神宮と称して、まずはじめに八幡宮が鎮座し、脇殿には住吉宮が祀られました。細男舞・神相撲(木彫りの御神像が舞い、相撲を取る当社の伝統行事)の神々を祭る古表社の起源は、少し時代が下ってからで、天平十六年(西暦744年)のことです。それ以来、八幡宮古表社、古表八幡宮などとも呼ばれ崇敬されてきましたが、現在では八幡古表神社と称しています。

 神功皇后が黒牛にまたがった姿の御神像、細男舞・神相撲四十七体の御神像、細男舞・神相撲の行事と三つの国指定重要文化財を有しており、また江戸時代には、代々の中津藩主からの崇敬も篤く、御神衣や刀剣類などその関係の宝物も多数保有しています。

 

 

 

 

 

 

  ※メールでのお問い合わせはこちらから 

 

    Mail:kohyousan.8@gmail.com